先輩メシ

2017年6月10日(土)に開催した第3回先輩メシ。漫画家・矢島光先輩をゲストにお迎えしました。新卒でサイバーエージェントに入社後、独立して漫画家になったという気になる経歴をはじめ、漫画「彼女のいる彼氏」の制作秘話など、たくさんの貴重なお話を伺いました。トークショーのために描き下ろしイラストのスライドを用意してくれたり、お悩み相談コーナーで募集した質問について自分も一緒に悩んでくれたり、そんな矢島先輩に私たちはすっかりやられてしまいました。

今回は、先輩メシスタッフの丸橋と桜井、そして先輩メシ常連の牛島さん(!)からレポート形式で当日のようすをご紹介します。

今日の先輩は…

矢島 光 先輩

Hikaru Yajima
1988年、東京都生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業。在学中に『週刊モーニング』主催の「MANGA OPEN」(現「THE GATE」)で奨励賞を受賞。2012年、株式会社サイバーエージェントに入社。フロントエンジニアとしてアメーバピグの運営に携わる。15年に退職し、専業漫画家に。新潮社のWebマガジン『ROLA』にて連載中(2017年3月現在)の『彼女のいる彼氏』が注目され、書籍化もされている今注目の先輩です。


STAFF 丸橋俊介

仲間たちと立ち上げた先輩メシもついに第3回目。

1回目の阿部さん、2回目の並河さんは自分との縁のあるゲスト先輩を呼んでいましたが、 今回の矢島さんは僕が別の講演会でお会いして、直感的にビビッと話を聞きたくなり お声がけさせていただきました。

事前の打ち合わせ時から広告業界あるあるや『彼女のいる彼氏』トークで品川のスタバで大盛り上がりしていて、当日もこの雰囲気のままみんなを巻き込んでいきたいなと、とっても楽しみでした。

その予感通り、先輩メシ当日。 矢島さんはスタッフが冷やし中華を用意しているのを興味津々に見つめ、 スタッフひとりひとりとコミュニケーションをとろうとしてくれました。 その振る舞いが、矢島さんの人柄をあらわしていて、気持ちよく本番を迎えることができました。

本番が始まるとご自身の経歴を話進めていただきながら随所に後輩の僕たちへメッセージをくれました。 笑い話あり真剣な話ありで会場を巻き込んで双方向に意見を交換しあうことができたのも、 第3回の先輩メシを象徴する時間だったのではないかなと思いました。

懇親会でもお酒を飲むペースをゆるめることなく、 集まった後輩たちとトークを繰り広げていて、 そんな会場全体の雰囲気がすばらしくいい「場」になっていました。

スタッフの仲間たちとも打ち合わせを重ねながら準備を進めて、 本番を無事終えることができてほんとによかったです。 現業もあって忙しい中貴重な土日を一緒に過ごしてくれて感謝感謝です。

来てくれたメシ友のみんなからも早くもうれしい4回目の声が多数いただいており、 先輩メシという場をこれからも提供し続けて、いつか大きな力になりたいなと。

まさに「リクツこねくりまわす前に手が出てる。」(by矢島さん)

これからも年齢とか立場とか環境とか言い訳せず、まっすぐ進んでいきたい。 そう思う、今日この頃です。


STAFF 桜井奏

先輩メシ第3回。1、2回目は私の仕事と同じく、広告業界の先輩を呼んでお話を聞いていました。

そして第3回はサイバーエージェントから転職した漫画家、矢島光さんがゲスト。
私はスタッフでありながら、最初、「漫画家さんを呼んで、どんな話が聞けるんだろう」と思っており、あまり、こういう話が聞きたい!という明確なイメージはありませんでした。正直、少しだけ「自分に関係ない話もあるだろうな」と不安もありました。

でも、そんな不安はすぐに一掃されました。
他の人の感想でもありますが、もう、聞いている人たちを巻き込んで対話ができて、とても新鮮で、様々な発見のある会でした。

【リクツこねくりまわす前に手が出てる】 矢島先輩の話で一番印象に残っているのは、「リクツこねくりまわす前に手が出てる」という話です。
これは矢島さんの漫画『彼女のいる彼氏』のなかの台詞ではありますが、生き方という大きな捉え方をしてもすごく勉強になるフレーズだなと思います。

「そっち側に行きたい(成功したい)と考えているうちはだめで、理屈こねて手段考える前に、やる人ってのは行動を起こしている」
「Twitterでいいことこねくり回さなくたって、手動かせば分かるんだから!!ちゃんとこの人やってるって。
戦略だけを考えてとにかく手を動かす!」

・・・・あつい。これはあつい。そして納得感がある。。。

そうなんですよね。理屈をこねて、あーしたら失敗するからやらない、こーするのも面倒な道だろう、ってもたもたしていたら、結局何もしないことになる。そんなの想像すれば、目に見えてるんですよね、本当は。
でもそうじゃなくて、最低限の自分の戦略だったり本当にやりたいことだったり、その一点だけを考えて、あとはもうさっさと手を動かさないとだめなんだなぁと、自分の今やっていることを振り返りながら思いました。それは矢島さんのように何かを作り出す仕事であっても、そうでない仕事でも、学業でも、なんでも。
矢島さんのお仕事の大変さもトークの中で聞きましたが、それでもやっぱり表現することが好きでいる方だし、もっと次のステージに行きたいと思っちゃう、とも言っていました。その笑顔はいい意味ですごく力がぬけていて、私たちと年齢もかなり近いので本当の意味で「身近な先輩」という感じがして、こんな人に私もなりたい!と思いました。あと可愛かったですとっても。

【みんな、悩みながら考えてる。その空気がすごかった!】 そしてなんといっても、聞いている方からその場で矢島さんが質問されたり、逆に矢島さんがみんなへ質問をしたり、そういう「一緒に将来について考えている」という空気がすごく楽しかったです。 矢島さんだけではなく、自分と同じ立場(社会人の若手)の人が、どんな風に人生や仕事を考えているのかを聞けて、「みんなちゃんと考えてるんだなー!」とかなり刺激をもらいました。

・・・私は「意識高い系」という言葉が、自分でも使っちゃうけどそんなに好きじゃなくて、いや意識高い系ではあるしこういうイベントを企画してる側なんですけど、単純に「自分のやっている仕事をもっと好きになりたい」「楽しそうに生きてたい」っていうだけなんですよね。たくさん悩みますし。。。でも実際、仕事って人生の大半を占めちゃうじゃないですか。だからちゃんと楽しみながらやりたい。 だからそのヒントになるようなことがたくさん見つかって、冷やし中華も食べて、お酒も飲んで騒げて(笑)、いや~すごい楽しかった!!がんばろう!がんばって、楽しもう!!ということを思えました。 そして、やっぱり先輩メシって好きだなぁと、手前味噌ですが、思ってしまいました。

第4回、楽しみです! 少しでも興味が沸きましたら、是非来てくださいませ。 お読みいただきまして、ありがとうございました!


GUEST 牛島 菜摘

初回からずっと参加させていただいているイベント"先輩メシ"に、今回もお邪魔してきました。

私は今、就活真っ最中なので、「今回は行くのやめとこうかな…」なんて思ったりもしたのですが、参加して感じたことは「今日来れて本当に良かった!」です。

今回のゲストは矢島光さんだったわけですが、今までで一番"近距離"な雰囲気でした。というのも、光さんはイベント開始前から参加者に話しかけていたり、イベント中にもMCの丸橋さんや参加者全員とコミュニケーションを取ろうとされており、こちら側に自ら近寄って来てくださっているな、と感じました。全編光さんの手書きスライドだったのも、あったかくてとっても素敵でした。

光さんから頂いたたくさんの言葉の中でとても響いたのが、「自分より圧倒的にデキる人がいる中で言い訳せずに追いつこうとする努力ができるか」「圧倒的な才能を前にして超努力できるか」。
私は来年から社会人になるわけなのですが、自分よりできる人がいないなんてことは絶対にありえないじゃないですか。自分よりできる人は、進めば進むほどきっとたくさん出てくるのだろうな、って考えた時、その人を前にしても追いついて追い越すために超努力すべきなんだろうな、って思うんです。きっと、絶対、簡単なことじゃないのですが。超努力、ですし。笑
とはいえ、今までそんなにちゃんと考えたこともなかったので、今日こうして光さんが"大切なこと"として言葉にしてくださったおかげで、超努力しよう、頑張ろう、と思えたので本当良かったです。

また、懇親会やその後の飲み会では、「彼女のいる彼氏」の話をされている方もいれば、お仕事のことなど自分のプライベートなお悩みを相談している方もいて、光さんとさらに"近距離"に。私も圧倒的後者で、光さんの優しさに甘えて恋愛相談をしてました。笑
「彼女のいる彼氏」を読んで、光さんの言葉を聞いて、お話しをして、美しくて真っ直ぐでちょっと男前な光さんをすっかり大好きになってしまいました。
本当に行ってよかった〜!

そして、先輩メシは参加者の方も毎回本当に素敵な方ばかりで、今回もたくさんの方とお話しさせていただいて、繋がることができて、とても嬉しかったです。 相変わらず素敵すぎる運営の皆様は、好きを通り越して尊い存在になってきました。今回も本当に素敵なイベント、ありがとうございました。毎回皆さんには本当にパワーもらっているので、いつか、なんとかしてお返しできたらなあと思ってます。あ、おかげさまで、内定、いただきました。笑

こんなにたくさん書いても伝えきれてないくらい、本当にたくさんのものを得られる素敵なイベント"先輩メシ"ですので、まだ行ったことないよって方は一度ぜひ。一人でも全然なんとかなります。行ったことあるよって方も、ゲストによって全然雰囲気が変わるので、何度も参加してみては…いかがでしょうか?
そんな感じで本当に長くなってしまったので終わりにします。最後までお付き合いいただいた方、ありがとうございました。"先輩メシ"でお会いした際は、ぜひ仲良くしてくださいね。